1. 出張買取ドクターTOP
  2. ブログ一覧
  3. 着物買取で安くなってしまう理由をご存知でしょうか?
着物買取で安くなってしまう理由をご存知でしょうか?

着物を売りたい!

着物は民族衣装だから必ず高く売れるだろう

などと考えてはいても、安くなってしまう原因に該当していると数百円から数千円の間での価値となってしまい、ご納得できない可能性も。

つまり、着物も他の不用品と同じように価値が下がってしまうのです。

 

本記事では、着物を安く買い取られる原因と、安くされないためにはどうしたら良いのかを詳しく解説しています。

これから着物を売りたいと考えているなら、注意喚起として本記事を読むことで後々役に立つでしょう。

着物はいつでも高く売れるわけじゃない?安くなってしまう原因は4つある

着物は常に高く売れるわけではありません。常に価値が変動しているから、というわけではなく、もとより一般的な着物の買取は安いのです。

 

着物は買うときは数十万はするため、出費も多くなりますよね。

加えて着物とセットで購入する小物や羽織などもあります。これらのものを一緒に買取依頼をした場合は数千円となっていく可能性はありますが、次の項目に該当している場合は高い価値とは言えません。

  • 未使用品でない
  • 汚れ(しみ)やほつれがある
  • ブランド(名産品)でないもの、人間国宝が作った着物でないもの

いわゆる、「普通の着物」に属するものを売る場合には、高い価値は期待しない方が良いでしょう。

新品同様の中古でも着用をしたことがあるものは、同じように価値が下がってしまいます。加えて、中古品でも次に該当する場合は、ある程度高値は期待できる可能性もあります。

  • しつけ糸がつけられたままの未使用品
  • 保存状態が良いものだった
  • 人間国宝の作った着物、もしくは名産品の着物だった

以上の3点です。中古品だとしても未使用品で保存状態が良いものはまさしく「新品同様」になり、価値も上がるでしょう。

原因2『着物人口』は減少して洋装化が激増

着物の人口は年々減少しています。日本は、着物文化の国であり、着物が民族衣装で礼服にも着物、式典などにも着物を着て参列することもありますし、私生活の中で着物と密接にある方もいるでしょう。

しかし、着物は年々減少の一途をたどっているのです。

日本では戦後から「服の洋装化」が顕著になったと同時に、着物への需要が下がっていきました。

仕立てをした時代に購入した着物の価値は高くても、現代で売りに出すと価値が低くなってしまいがちなのは、「10年以上」の保存期間が過ぎていることや、当時ほど着物の需要が高くないことも要因の1つなのです。

原因3『平均身長』の変化

日本は着物が普段の私服であった頃に比べて、平均身長の変化が著しくなっています。

食生活や日常生活の変化が理由にありますが、これらのおかげで戦前に比べて現代人の身長は高いのです。

次のグラフは、1870年から2000年までに調査をした日本人男女の平均身長、時代変化です。

※グラフは、人工知能研究センターより抜粋しています。

こうしてみると、身長の変化は一度くぼんでいるところはあるものの、著しく高身長化しているのがわかりますよね。

そのため、昔の身長に合わせた丈の着物は需要も低く、価値も低くなってしまいますが、丈を直せる着物であれば比較的に価値は高くなりやすいのです。

丈を直すことが可能ということは、すなわち丈が切られていないもので、しつけ糸がついたままのものということであることから、未使用品の着物と考えると良いでしょう。

原因4そもそも『着物』全ての品物は高い価値があるわけでなく一部分のみ

根底の話とはなりますが、そもそも着物全体は価値が高くはありません。

服やかばんにある高級とつくブランドも価値が高いものはありますよね。着物も同じように、そもそも、一部の着物が「人間国宝」が作った着物であったり、「加賀友禅などの名産品」であれば高値の価値がつくのです。

普通の着物は、数百円であったり数千円であったりするため中古品はほとんど売れないと考えましょう。

まとめ|着物の価値を見定めて納得のいく買取依頼をしよう

着物は全てが高値買取できるとは限りません。洋服と同じで、高級ブランドであれば高値の価値はありますが、普通の洋服であれば数百円であることと同じように着古したもの、普通の着物も価格はつかないことが多いのです。

まずは、持っている不要な着物の価値を見定めてみましょう。

 

広島で着物買取を依頼するなら買取ドクター。迅速・高額査定いたします。

記事一覧を見る