1. 出張買取ドクターTOP
  2. ブログ一覧
  3. 着物を高く買い取ってもらうには?【価値ある着物の条件】
着物を高く買い取ってもらうには?【価値ある着物の条件】

買い取ってもらえる?古い着物は再利用できるんです!古い着物の使いみち

古いといっても着物は日本の民族衣装でもあります。古いもの関係なく、着物は需要は高いのです。

日本人の着物人口は減少の一途をたどってはいるものの、海外からの着物人口は多く、着物そのものも生地が良いとして、リメイクされて再販されることや、端切れとして生地で再販をする企業などが大変多くなっています。

 

業者や団体、企業が’古い着物を買い取ったあとの使いみちはどんな方法があるのかわからないですよね。

詳しく解説しましょう。

 

古い着物を着物のまま再販

着物を着物まま再販という形は、もっとも有名な方法であり、リサイクルショップにあるような、着物が着物としてセカンドライフを送れるような方法です。

この場合の着物は、裁縫の専門店などで「着物のリサイクルショップ」として、着物が格安で売られているため、リーズナブルで着物を買いたい方は見たこともあるでしょう。

古い着物をレンタル着物という形で活用

この方法は主に観光地で執り行われている方法です。

観光客に神社へ行くのに着物を着ていきませんか?というような文言で、主に浅草や京都など「着物(浴衣も含)」が風景に合う地域では特にこの観光の定番サービスとして好評があるのだそうです。

しかし、現在も人気はありますが着物や浴衣の提供は少ないのだとか。募集をしている団体やサービスがあれば、そういったところに譲ることで、ご自身では着なくても別のどこかで着物を必要としている方に着てもらえるのです。

 

着物を着物として有効活用をしてほしい場合には大変おすすめの方法と言えるでしょう。

古い着物をリメイクして再販

こちらのリメイクという方法は、今までもまれにありましたが、近年リメイクをすることが流行りつつあり、趣味となっている人も多くなっています。

そういった方々に人気を博しているのが「着物でリメイクをした小物」です。

 

着物を使って作ったマスクを始めとして、マスクケース、印鑑ケース、扇子ケース、かばん、はたまた着物から洋服に変身!など、さまざまな着物リメイク製品は増えているのです。

 

裁縫を趣味とするならば、個人でリメイクをしてフリーマーケットやネットでの売買サービスに個人で出品をしてみても良いでしょう。

小物であれば1,000円前後となり、洋服やかばんであれば3,000円で販売もできるため、金銭を得て処分をしたい!という方にもおすすめと言えます。

リメイクをする場合には、リメイクの方法を紹介している動画や本などを参考にしてみましょう。

古い着物を端切れにして生地として再販

古い着物を端切れにした再販は、大変人気があるといえます。本項において、リメイクして再販をすることの使いみちを解説しましたが、その「リメイク」をするのに生地を入手しますよね。

つまりリメイクできる生地がなければ、再販をすることもできませんから、大変需要が高いといえるのです。

 

こういった場合のはぎれは、端切れを売っているところや、端切れを買い取りたいとチラシやネットで情報を掲載しているところであれば古い着物を端切れとして買い取ってくれるため、まずは情報の検索をしてみましょう。

 

まとめ|古い着物の買取は積極的!諦めないで調べてみよう

以上のことから、古い着物の買取は積極的といえませんか?

値段がつかないから、と諦めるのではなくこういったセカンドライフがあることを前提に調べると、良いお譲り先が見つかる可能性も上がるでしょう。

加えて、弊社では古い着物の買取も積極的に行っています。お譲り先に困ったら、まずは弊社に相談をしてみませんか?

 

広島で着物買取を依頼するなら買取ドクター。迅速・高額査定いたします。

記事一覧を見る