1. 出張買取ドクターTOP
  2. ブログ一覧
  3. 着物を高く買い取ってもらうには?【価値ある着物の条件】
着物を高く買い取ってもらうには?【価値ある着物の条件】

着物が高く買取ってもらえない理由は3つある

遺品整理、生前整理などをしていたら、大量の着物がでてきたから買取依頼をしたけど、価格にびっくり!購入したときの値段よりも安すぎる!着物はあれだけ連日TVで話をしているのに、なんで高値がつかないの?と思いますよね。

 

では逆に、着物に価値がつかない理由を考えたことはありますか?

 

以前と現代で着物の扱い、着物に対する認識はある程度変わってきていることは無意識的にはわかるでしょう。

 

戦前の日本において着物の認識:私服

現代の日本において着物の認識:礼服

 

つまり着るシーンが限られているのです。常に着物を着ている方も中にはいますが、大半の方が洋服を着用していますよね。

理由はここにあるのです。

理由1:着物人口の減少

先に、「常に着物を着ている人はいれど大半の方が洋服を着用している」と説明をしました。

これは、戦前まではまだ着物の人口も多かったのですが、戦後になると、洋服を私服とする方が増えていったことがきっかけです。

昭和中期から後期になると、ワンピースなどを着用する人が増え、洋服の流行などに発展しています。

ここから着物の文化は一気に衰退し、現代に至るのです。つまり、着物を私服として着用する日本人が極端に減ったのです。

時代の変化に伴い、着物を売るお店(呉服屋)も少なくなり、街並みからも着物を着ている人は見掛けなくなりました。

 

しかし、着物文化が衰退する現状に危機感をもった団体、法人が着物を扱う観光サービスを始めたのです。

これが日本ならではということで大ヒット!現在のような洋服に着物を取り入れる新しいスタイルが誕生しました。

 

加えて、日本ならではという観光サービスに好評であるのが、神社などの観光スポットを着物を着て練り歩くということです。

この観光サービスは法人や団体がサービスの提供をしており、外国人、日本人を問わず着物のファンを着々と増やしています。

以上のことから、需要が完全になくなったということはなく、むしろ一時期の衰退期から一遍して、現在は着物の需要が高まっているのです。

理由2:日本人の身長の変化

日本人の身長は2000年になるまでに男女平均で20cm以上大きくなっていることをご存じでしょうか。

次のグラフは、日本人の身長の変化を政府が記録した数値をもとにグラフにしたものです。

こうして見てみると、女性も男性も1880年以降から身長の変化していることがとてもよくわかりますね。

つまり、1880年頃からある着物を現代の日本人はサイズが小さいため、着ることができないということから需要があまりないのです。

逆にいってしまうと、仕付け糸が残ったままの未使用品の着物であれば需要もあるということになります。

理由3:人間国宝の作った着物や名産品の着物は高くつくだけ!

根底の話になりますが、着物には人間国宝が作ったものがあり、名産品があります。

人間国宝の作った着物は次の写真です。

お写真はこちらから引用:K_WASOU 着物和總

こちらの着物は、羽田冨喜男という人間国宝が作成した、加賀友禅と京友禅を融合させた着物です。訪問着でありますが、色の使い方などを見ると羽田氏の妥協が一切見られないことが伺えませんか?

こういった着物は、1つの美術品であるため、価値が大変大きくもあるのです。

 

一方で名産品とは、加賀友禅であったり西陣織などの特殊な作り方で作られた着物のことです。

これらは洋服と同じで、高級ブランドには高値がつきますが、一般的な着物には大きな価値はほとんどつくことがありません。

 

加えて、それでも高値でつく着物は、どの店舗でも次のような条件がついてまわります。

  • 未使用品であること
  • 丈の調整ができること
  • 仕付け糸がついたままの着物
  • シミなどの汚れがないこと
  • 保存状態が良い着物

など、保存状態や未使用品であることが問われるのです。

 

まとめ|人間国宝の作成した着物や名産品であれば証紙が必要

人間国宝の作成した着物や名産品であれば、証紙が必要です。

これは、この着物を作成した人の証明であり、価値が本物であることの証であるため、高価な着物を買取してもらう際には大変必要となります。

加えて、付属品などは欠けないように留意して下さいね。1つ欠けただけで価値が下がった!?ということも無きにしも非ず。納得のいく買取依頼になるようにしましょう。

 

広島で着物買取を依頼するなら買取ドクター。迅速・高額査定いたします。



記事一覧を見る