ランゲ&ゾーネ(A.LANGE&SOHNE)の人気商品は?|時計の買取りは買取ドクターへ - 広島の出張買取ドクター
  1. 出張買取ドクターTOP
  2. ブログ一覧
  3. ランゲ&ゾーネ(A.LANGE&SOHNE)の人気商品は?|時計の買取りは買取ドクターへ

ランゲ&ゾーネ(A.LANGE&SOHNE)の人気商品は?|時計の買取りは買取ドクターへ

ドイツを代表する超高級腕時計ブランドと言えば、ランゲ&ゾーネ(A.LANGE&SOHNE)です。

ドイツの時計産業がこれまで培ったノウハウや技術を結集したその名品の数々は、世界中に愛好家がいるほど人気の商品となっています。

さらに、ランゲ&ゾーネ(A.LANGE&SOHNE)は、時計技術やデザイン性などで、世界で唯一パテックフィリップに追随できるブランドとして高い評価を受けています。

ロレックスやオメガほど知名度は高くないブランドですが、近年ではその存在感は増すばかりです。

この記事では、ランゲ&ゾーネ(A.LANGE&SOHNE)の買取り実績やおすすめモデルなどを解説します。

 

ランゲ&ゾーネ(A.LANGE&SOHNE)とは 

 

ランゲ&ゾーネ(A.LANGE&SOHNE)は、ドイツ・グラスヒュッテに工房を構えたのが始まりで1845年に創業しました。

創業者は、フェルナンド・アドルフ・ランゲです。グラスヒュッテは、モノコスやモリッツ・グロスマンなどドイツのご当地有名メーカーが誕生していますが、その元祖はランゲ&ゾーネです。

当時山々に囲まれ辺鄙な場所に立地していたグラスヒュッテでは、かつて栄えた銀鉱山の生産量が落ち、町全体が貧困化していたと言います。

そこにランゲ&ゾーネが時計工房を構えたことでドイツ時計産業の中心地的な街に転身できたと言われています。

 

ランゲ&ゾーネ(A.LANGE&SOHNE)の特徴 

ランゲ&ゾーネ(A.LANGE&SOHNE)の腕時計は、全て時計職人の手作業に拘って作られていることです。

現在、機械式時計の製造にもオートメーション化が進み大量生産も可能となっていますが、ランゲ&ゾーネ(A.LANGE&SOHNE)の腕時計は、全ての行程を手作業で丁寧に一品一品を作り上げています。

また、価格帯は手作業であることと製造本数に限りがあるため、高めです。定価は200万円~300万円が中心的な価格帯となります。

よって、ランゲ&ゾーネ(A.LANGE&SOHNE)は中古でも人気が高い腕時計です。

一生物の腕時計としても高い評価を受けており、購入時の満足感は他のブランドを圧倒すると言われています。

 

ランゲ&ゾーネ(A.LANGE&SOHNE)の腕時計の買取り実績 

ランゲ&ゾーネ(A.LANGE&SOHNE)の腕時計の買取りについて紹介します。

 

ランゲ&ゾーネ ランゲ1 101.039/LS1013AJ

買取り価格 2,390,000円

 

ランゲ&ゾーネ サクソニア・フラッハ 205.086/LS2053AX

買取り価格 2,000,000円

 

ランゲ&ゾーネ ランゲ1 117.028/LS1173AD

買取り価格 2,150,000円

 

ランゲ&ゾーネ サクソニア 385.026/LS3853AJ

買取り価格 1,400,000円

 

ランゲ&ゾーネ グランドランゲマティック 309.031/LS3094AA

買取り価格 1,400,000円

 

ランゲ&ゾーネ グランドランゲ1 139.032/LS1394AA

買取り価格 2,000,000円

 

ランゲ&ゾーネ(A.LANGE&SOHNE)の腕時計の人気モデルとは

 

 

時計愛好家に人気の高いランゲ&ゾーネ(A.LANGE&SOHNE)には、人気モデルが多数あります。以下に紹介していきます。

 

ランゲ1 

ランゲ1は、ランゲ&ゾーネを代表するモデルです。

1994年に発売された同モデルは、ランゲ復活を祝した記念碑的なものと言われます。

また、発売から30年を迎えた2019年の25th記念モデルでも、大きな話題となりました。

ランゲ1はランゲ&ゾーネ(A.LANGE&SOHNE)の歴史と伝統を重んじるモデルとなり、最大の特徴は文字盤です。

一般的な時計に見られるセンター3針ではなく、大胆に文字盤をオフセットした非対称構成となります。

この左右非対称の斬新な文字盤のデザインは、世界に衝撃を与えました。

他、時計の素材はゴールド又はプラチナ、文字盤はシルバーやブルーなど、駆動方式は手巻き、パワーリザーブは72時間、3気圧防水となります。

またランゲ1には、「ランゲ1」の基幹モデルの他に、ランゲ1をアップサイジングした「グランド ランゲ1」、「ランゲ1ムーンフェイズ」があります。

 

サクソニア 

サクソニアは、ランゲ1同様1994年の復興初コレクションの一つとして発表されたモデルです。

シンプルで調和のとれた文字盤デザインで、無駄を一切省いているのが特徴的となります。

サクソニアのケースデザインには、18Kのイエローゴールドやホワイトゴールドなどが採用され、リューズやバックルや文字盤など全てが無垢性となっています。

また、パワーリザーブは約45時間、3気圧防水、駆動方式は手巻き、となります。

なお、サクソニアには基幹モデル「サクソニア」の他に、超薄型キャリバーを搭載した「サクソニア フラッハ」、2011年に発表された自動巻きモデルの「サクソニア オートマチック」、「サクソニア アウトサイズデイト ムーンフェイズ」があります。

 

オデュッセウス 

オデュッセウスは、2019年に発表されたスポーツモデルです。

これまでのランゲ&ゾーネのラインナップとは全く異なる新作であったため、時計業界では話題となりました。

また、レギュラーモデルでは初のステンレススチール素材、ねじ込み式リューズ、12気圧防水など、さまざまなものが革新的でした。

 

1815 

1815は、1995年から発売されているモデルです。

1815とは、創業者ランゲ氏の誕生した年。1815は、3針モデルのベーシックスタイルです。新生ランゲの販路を拡大するために作ったモデルと言っても良いでしょう。

1815は現在コレクションの幅を広げており、シンプルなスモールセコンドモデル以外にも、4時の位置にスモールセコンド・8時の位置にパワーリザーブインジゲーターを配したアイコニックな「アップ&ダウン」、クロノグラフなど多岐に渡っています。

 

ランゲ&ゾーネ(A.LANGE&SOHNE)の腕時計モデル一覧

ランゲ&ゾーネの腕時計モデルの一覧を紹介します。

ハンドヴェルクスクンスト・

エディション

ジュエリーウォッチ

クロノグラフ

・1815 トゥールビヨン “ハンドヴェルクスクンスト

・1815ラトラパント・パーペチュアルカレンダー “ハンドヴェルクスクンスト”

・カバレット・トゥールビヨン “ハンドヴェルクスクンスト”

・ツァイトヴェルク “ハンドヴェルクスクンスト

・ランゲ1・トゥールビヨン “ハンドヴェルクスクンスト

・ランゲ1・トゥールビヨン・パーペチュアルカレンダー “ハンドヴェルクスクンスト”

・リヒャルト・ランゲ・トゥールビヨン “プール・ル・メリット” ハンドヴェルクスクンスト

・グランド・ランゲ1

・オデュッセウス

・リヒャルト・ランゲ・ミニッツリピーター

・ツァイトヴェルク・ハニーゴールド “ルーメン・

・ツァイトヴェルク・ハニーゴールド “ルーメン”

・サクソニア・フラッハ ケース・

・ランゲマティック・パーペチュアル

・カバレット・トゥールビヨン “ハンドヴェルクスクンスト

・リヒャルト・ランゲ・ミニッツリピーター

・ツァイトヴェルク・ハニーゴールド “ルーメン”

・サクソニア・フラッハ

・リトル・ランゲ1・ムーンフェイズ

・ランゲ1・パーペチュアルカレンダー

・トリプルスプリット

・リヒャルト・ランゲ・ジャンピングセコンド

・ランゲ31

・1815 ラトラパント・パーペチュアルカレンダー

・1815クロノグラフ

・1815ラトラパント・ハニーゴールド“F. A.ランゲへのオマージュ”

・1815ラトラパント・パーペチュアルカレンダー “ハンドヴェルクスクンスト”

・グランド・コンプリケーション

・ダドグラフ アップ/ダウン

・ダドグラフ パーペチュアル

・ダトグラフ・パーペチュアル・トゥールビヨン

 

(参考記事)ブランド時計の買取り相場はどのくらい?今が買取りおすすめのブランド時計は?



記事一覧を見る
無料査定だけでも喜んで対応します
無料通話
メール予約はこちら
不用品回収予約受付はこちら