家具の処分方法

引っ越しや部屋の模様替えで不要になった家具を処分する場合には、いくつかの不用品処分方法があります。その処分にかかる手間とコストは様々です。
 

●市区町村の粗大ゴミ回収を利用する方法

一般的でコストを安価に済ますことができる方法は、市区町村の粗大ゴミ回収を利用する方法です。しかし、手間と時間がかかるためとにかく安く済ませたい人におすすめの方法となっています。

回収料金は回収する自治体や家具の大きさによって異なりますが、他の処分方法に比べてかなり安価に済ませることができます。

依頼から回収までの手順は、まずは電話やインターネットで問い合わせを行い事前に粗大ゴミを捨てる日を予約します。料金をコンビニなどで支払って受け取った料金収納の証明シールを家具に貼り、指定された日に家具を回収に出します。また、自ら不用品回収センターに持ち込むこともできます。(持ち込みの際は本人確認書類が必要なことが多いため確認してください)

自治体の粗大ゴミ回収サービスは、自治体によって規定や料金、回収方法が異なるため自分の希望通りに進めることが難しいです。

日程に余裕を持ち、行政のスケジュールに合う形で申し込みましょう。
 

●引っ越し会社を利用する方法

引越し業者によっては不用品の引き取りサービスを行っているところがあります。

引っ越しをきっかけに家具を処分する場合であれば引っ越しと不用品回収が一度にできるため、最も手間がかからず家具を処分することができる方法です。

見積りの際はかかる費用は総額ではなく、引っ越しと不用品回収それぞれの金額をきちんと確認しましょう。不用品を安くもしくは無料で処分してもらえても、引っ越し料金が高くなれば意味がありません。

依頼から回収までの手順は各社によって異なります。ホームページなどで紹介されているところもありますが、見積もりを取る際に問い合わせてください。
申し込みさえすればこちらの都合に合わせて対応してもらえますので、自分の希望通りに進めることができます。
 

●オークションサイトやフリマアプリで売る方法

ヤフオクやメルカリ、ジモティーなどオークションサイトやフリマアプリを利用して家具を処分する方法もあります。

出品や配送の手間はかかりますが売ることができると多少の金額を得ることができるため、多少の手間や時間がかかってもお金をかけずに家具を処分したい人にはおすすめの方法です。

オークションサイトの利用にはいくつかの注意点があります。

まず過剰な期待は禁物、購入時の値段を考えると大体の商品は随分と安くなってしまいます。また年会費や送料など出品者が負担する費用もあります。売れたけれども自治体に処分してもらうよりも高くなってしまったといったことがないようにしたいものです。

スケジュール管理も重要です。入札終了から発送までにかかる日数を計算に入れ、入札が無かった場合の処分方法も事前に検討しておきましょう。

商品に付いていた小さなキズの申告がないなどの理由で、トラブルに発展するケースもあります。「目に見える傷はありませんが、美品にこだわられる方は入札をお控えください」などと記載しておくのもおすすめです。

注意点さえおさえればオークションサイトやフリマアプリでの処分はとても便利な方法です。賢く使って処分費用を削減しましょう。
 

●リサイクルショップに売る方法

HARD OFFや2nd STREETなどのリサイクルショップで売る方法は、家具を手軽に処分できるのが特徴です。簡単に持ち込みもでき、出張買取がある場合は業者に来てもらってその場で買取ってもらうこともできます。

買取の依頼をする際は事前に品目を伝えておき、買取ができない場合はそのまま引き取ってもらえるかを確認しておきましょう。

少しでも高額査定となるよう、取ることのできる汚れは落としてきれいにすることも大切です。
 

●不用品回収業者や便利屋を利用する方法

不用品回収業者や便利屋を利用する方法は、回収までの手間が少ないのが特徴です。

自治体に依頼する場合は回収作業日が決まっているため希望の日に回収を依頼することができなかったり、自分で不用品を運び出し処理場まで運搬したりと難しいことも多くあります。

一方、回収業者や便利屋に依頼する場合は作業日を指定できるため、自分のタイミングで不用品を処分することができます。業者に養生を行った上で品物を搬出してもらえるため、建物に傷がつく心配もなく重たい荷物でも安心です。

依頼から回収までの手順は、電話やメールで申し込み見積もりの日程を決定します。指定した日時に回収業者が訪問し実際に品物を確認した上で見積もりを提示します。搬出日時を決定し当日無事に不用品が搬出された後に料金を支払います。

不用品を回収に関するほとんどの作業を行ってもらえるため手間がかからず楽ではありますが、処分費用が割高になってしまうことが多いため注意が必要です。
 

●知人や友人に譲る方法

知人や友人に家具を譲る方法は、家具を譲りたい人と家具をもらいたい人が上手くマッチングすれば、お互いにメリットがあるためとても良い方法です。

しかし家具が欲しい人を運よく見つけることができれば良いですが、家具をもらってくれる人を探すことも苦労します。またもらってくれる方が見つかっても家具を自分で配送したり、車で届けたりといった手間もかかり大変です。

宅配業者の中には大型商品を取り扱うサービスを展開しているところもあり、梱包や運び出しなど必要な作業をすべて代行してくれます。

記事一覧を見る