テレビの種類

●液晶テレビ
 
液晶テレビとはテレビ画面に液晶ディスプレイを使用したテレビ、色のついたフィルターにバックライトを当てて映像を作り出す仕組みです。

液晶テレビは本体内にあるバックライトが常時発光し、その前に設置された液晶パネルが不要な色を遮ることで色を作り映像を映し出します。

大きな画面を作る際のコストが低いため比較的リーズナブルな価格で購入できるところがメリットです。

液晶パネルの大きさを自在に変えられるため、小さな電卓からパーソナルテレビ、60インチ以上の大画面テレビにまで対応することができます。

表面がつや消し仕上げとなっており、明るい部屋で視聴しても光や人物が映り込むことがなく快適です。

デメリットはバックライトによりややくすんで見えるというのところです。液晶がシャッターのように切り替わる際に動きの速い映像についていけず、ボケてしまうという欠点もあります。
 
・4K液晶テレビ

4Kテレビは2011年に登場した新たな規格のテレビ、フルハイビジョンの4倍の解像度を持つ高画質なテレビです。

4Kテレビのこれまでの液晶テレビと比べて大きく違う点は解像度です。解像度とは画面の細かさで、解像度の数値が大きければ大きいほどより繊細で画質のよいコンテンツを楽しむことができます。

4Kテレビとはその名の通り「4K(3840×2160)」の高解像度を持ったテレビで、従来のフルHDと比べると約4倍もの差があります。この違いも一目瞭然で、より美しくなめらかな映像を体感することができます。

従来のフルハイビジョンテレビと比較して、流れる髪の一本にいたるまでくっきりと跳ねる水滴のひと粒にいたるまで鮮やかに描写しています。

大画面と高画質を追求した次世代テレビで、映画館で使われる最新鋭デジタルプロジェクターと同じ画質の映像を楽しむことができます。
 
・フルHD液晶テレビ

フルHDテレビの解像度は1920×1080です。

フルHDは高画質とは限らず、1,366 x 768画素のハイビジョン対応よりも、1,920 x 1,080画素のフルHDが高画質ではありません。

画質には色の再現性やノイズの少なさど様々な要素が含まれ、高画質を実現するためには画素数の多さを活かす映像処理技術が重要です。 

フルHDは大手メーカー製品の中から高画質な製品を選択する目安になりますが、格安の新興メーカー製品を比較する場合は自身の目で違いを確認しましょう。

現在、4Kテレビの画面サイズは40インチ以上と大きめのモデルがほとんどですが、フルHDテレビは一人暮らしの方にも最適なコンパクトサイズがラインナップされています。

40インチ以下のテレビに買い換えたい方は依然としてフルHDテレビが有力な選択肢となります。
 
●有機ELテレビ
 
有機ELとは、「有機エレクトロ・ルミネッセンス(Organic Electro-Luminescence)」の略です。

1987年にアメリカのイーストマンコダック社が、特定の有機化合物に電圧をかけると電子と正孔が発光層で結合して発光する現象を発見しました。

パネル自体は韓国企業の「LG」が生産しており、国内大手家電メーカーの有機ELテレビはそこに独自のノウハウを加えています。

有機ELの画面に表示される漆黒の黒も特徴です。

パネルそのものが発光するため、バックライトにより黒の色がぼかされることなくそのままの色として表現することができます。

光量をコントロールできるため、立体感や奥行きが特長のHDR映像をより美しく楽しむことができます。
 
・薄さと省エネ性能が魅力
 
有機ELが注目されていますが、その理由は薄さと省エネ性能の高さにあります。

有機ELは素子に電圧をかけると自分自身が光る特性を持っているため、背面に発光空間を確保する必要がなくその分本体を薄くすることができます。

液晶のように背面にバックライトを入れる必要もないので、少ないエネルギーで発光させることが可能です。

有機ELテレビを実際に見てみるとその薄さに驚きます。薄型の液晶テレビと比較してもかなり薄く、本体背面が異様に熱くなるのも回避することができます。

価格は液晶テレビと比較すると高くなります。
 
・視野角が広い
 
有機ELテレビは液晶テレビよりも視野角が広くなっています。

有機ELは自身が発光するため、液晶のように光の通過遮断が不要なので視野角が広く、コントラストがはっきりしているのがメリット。大人数でテレビを見る場合にも大丈夫です。

デメリットは液晶テレビはパネルに配列された液晶分子が垂直方向に回転して光を通過遮断させるため、画面の正面から左右に移動するとコントラストが低下し見にくくなる性質があるところです。

有機ELテレビはパネル部分が有機ELになっているだけなので、液晶テレビと同じように4K対応モデルもラインナップされています。

 
広島でデジタル機器の出張買取はハウスドクターにお任せください

記事一覧を見る