1. 出張買取ドクターTOP
  2. ブログ一覧
  3. 食器の買取り方法
食器の買取り方法

●ブランド食器・有名産地の和食器の買取方法

 

ウェッジウッドやロイヤルコペンハーゲンなどの有名食器ブランド、クリスタルガラスメーカー、銀食器ブランド、ティファニーやエルメスなど有名ブランドのテーブルウェアラインなどのブランド食器は、買取でも高い需要があります。

特に高値がつくのは、人気のシリーズの未使用品で箱などの付属品が揃っているものです。
ブランドを代表する色合いや絵柄で今も販売されているもの、また限定品は特に買取価格がアップする傾向があります。

中古のブランド食器は傷やカケ、塗りのハゲなどの使用感の有無、状態の良し悪しで買取価格は異なります。

直接口に触れる食器の性質上、中古食器の買取価格は低くくなってしまいます。
少しでも買取価格を上げたい時は複数の店に売りたいアイテムの写真を添付してメールなどで問い合わせし、より高値で買取してくれる店を探しましょう。

 

・人気が高い「北欧食器」
最近の北欧インテリアブームで、北欧ではごく一般的な食器ブランドであるイッタラやアラビア、マリメッコなどの食器も買取人気です。北欧食器の買取に力を入れている店を利用すると、高値がつく可能性もあります。

アラビア製のムーミンキャラクターが描かれたマグカップやお皿などは特に人気があり、廃盤品や限定品は中古品でもプレミア価格で取引されています。

 

・有名産地・作家の「和食器」
伊万里焼や九谷焼、有田焼などの有名産地でつくられた和食器も買取で人気です。人間国宝作陶の作品や有名窯製の器はより買取価格もアップし、特に箱つきのものはより高値がつく傾向があります。

 

相見積もりでより高値で買取してくれる店を探すことも重要です。

 

●ノーブランドの食器買取方法

 

普段使いの食器はノーブランド品が多いと思います。ノーブランド品の食器を買取してくれる店は少なく、特に中古食器はまとめて数十円などのかなり安値で買取されることも多いようです。

 

・景品やおまけの食器
シールを複数枚集めたりポイントを貯めると食器と交換してもらうことができる景品食器、ファストフード店のキッズメニューのおまけ食器など、景品やおまけの食器は買取してもらえないことがほとんどです。

しかし、ピーターラビットやムーミンなどコレクターの多いキャラクター食器がネットオークションで高値で落札されることもあり、半骨董品のレトロな企業景品が人気があることもあります。

 

●アンティーク・骨董価値のある食器買取方法

 

エミールガレや古伊万里などの西洋アンティーク、骨董的価値がある食器は、その真贋も含めきちんと査定してもらうことができる店を利用しましょう。

もちろん複数の店で仮査定を頼むのが安心です。

輸送中の破損が心配になりますので、出張買取を利用した方がいいでしょう。

 

●買取方法別メリット・デメリット

 

・宅配買取

段ボールに売却したい食器を入れて指定の住所に送り、査定と買取をしてもらう方法です。

食器の特性上、割れないように厳重に梱包する必要があります。買取店によっては、他のアイテムは宅配買取を利用できるものの食器は利用できない場合もありますので注意が必要です。

メリットは全国どこからでも利用することが可能で、宅配会社に集荷を頼むだけで手軽に利用できる点です。郵送料は無料と有料のお店とあります。仮査定額が一定額より上の場合は無料になるところもありますので、仮査定を行いましょう。

デメリットは割れる心配があること、査定額に納得できない場合のキャンセル時の返送料は有料の場合が多いことです。食器は重いため、返送料が高くつく場合もあります。

 

・出張買取

自宅などの希望住所の玄関先にスタッフが訪れ、食器の買取をしてもらう買取方法です。

メリットは重いものや割れやすいもの、たくさんのものを一度に買取してもらいたい時に楽々買取してもらうことができることです。

デメリットはスタッフがわざわざ自宅に来てもらうことから、心理的にキャンセルしづらいことです。仮査定時に、買取店をいくつか絞ってから利用するのがおすすめです。

買取業者のトラックが訪れるのは人目が気になるという方には、無地のトラックで来てくれる場合もありますので問合せしてみましょう。

 

・店頭買取

直接買取店に行き買取してもらう方法です。

メリットはその場で査定して査定額に納得できたら即現金で支払われる点です。買取店によっては、日時指定が必要な場合もあるので注意しましょう。

デメリットは複数の食器を買取してもらう場合は重くて大変なことです。輸送中に食器が割れないように、充分気を付けることも大切です。

 

広島で雑貨の出張買取はハウスドクターにお任せください

記事一覧を見る