1. 出張買取ドクターTOP
  2. ブログ一覧
  3. 家事家電を長く使用するための上手な使い方
家事家電を長く使用するための上手な使い方

日本製の家電の寿命は10年前後とされていますが、使い方によっても寿命が差がでてきます。家電を少しでも長く使用できるよう、長持ちさせる正しい使い方をしましょう。

 

●洗濯乾燥機

・フィルターをこまめに掃除する
フィルターが目詰まりを起こすと負担がかかります。
・引火物を近づけない
火災の原因となります。
・しっかり換気する
換気が不十分では乾燥時間が長くなることもあり負担がかかります。
・洗濯のりを使用しない
乾燥フィルターの目詰まりの原因となり負担がかかります。
・油分が含まれる衣類を乾燥しない
火災の原因となります。

 

●掃除機

 

掃除機の寿命は7年から10年ほくらいといます。掃除機を長持ちさせるコツは、ゴミやホコリで目詰まりを起こさせないことです。紙パック式掃除機の長持ちさせるポイントは、紙パックがいっぱいになるまで使わないようにしましょう。サイクロン式掃除機の長持ちさせるポイントは、ダストカップをこまめに掃除するようにしましょう。
・火気には近づけない
排気でストーブの火が大きくなり火災の原因になります。
・ハンドルや延長管の先で直接掃除しない
故障や破損の原因になります。
・火や水、油などは禁物
火は発火の原因となり、水や油などは故障や異臭の原因となります。
・紙パックは純正紙パックを必ず使用する
ゴミもれなどがおこり故障の原因となります。
・コードはプラグを持って巻き取る
プラグがはねて壊れる原因になります。
・コードは無理に引き出さない
コードの赤印以上に無理に引き出すと断線など故障の原因となります。
・紙パックやフィルターをこまめにチェックする
ゴミなどがたまると吸引力が低下し負担がかかります。

 

●エコキュート(給湯機)

 

・「沸き上げ休止」設定を活用する
長期間使用しない場合は無駄な沸き上げを停止して負担を軽減させることができます。
・リモコンの表示を消灯する
リモコンの「表示節約設定」や浴室リモコンの「入切スイッチ」をこまめに切ることで負担を軽減させることができます。
・沸き上げモードを「おまかせ節約」に設定する
1日に必要な量のお湯を沸かすため無駄がなく負担をさせることができます。
・シャワーやキッチンなどのお湯を出しっぱなしにしない
負担がかかります。

 

●IH調理器・IHクッキングヒーター

 

・燃えやすいものを近くに置かない
新聞・雑誌・フキンなどの燃えやすいものをトッププレートの上やそばに置かない。
・吸気口や排気口をふさがない
目詰まり検知が作動して通電が停止します。
・トッププレートの上でIH調理器を使用しない
IH調理器が故障してしまいます。
・汚れ防止カバーは使用しない
トッププレートの汚れ防止カバーを使用すると温度検知や空焚き防止機能が正常に作動しなくなるため危険です
・使用直後のトッププレートは要注意
鍋の熱が伝わっていたため火傷をする可能性もあります。
・調理中はその場を離れない
炎がないからとはいえ発火する可能性もあります。
・揚げ物を揚げる際は要注意
揚げ物をする際は油の量に注意して必ず揚げ物コースを使用します。
・空焼きは絶対にしない
鍋が破損する可能性もあります。
・液体を加熱する際は要注意
加熱する前によくかき混ぜましょう。水や調理物を加熱していると突然吹き出したしヤケドの原因になります。
・磁気に弱いものを近づけない
ラジオ、テレビ、補聴器などは雑音が入ったり音が小さくなることもあり、ICカードやキャッシュカードなどは記録が消えたり破損する可能性もあります。
・心臓用ペースメーカーをお使いの方
IH調理器やIHクッキングヒーターの動作がペースメーカーに影響を与えることがあります、医師にご相談ください。

 

●洗濯機

 

洗濯機の寿命は7年から10年ほどとされ、使用回数は3000回程度が目安となります。長持ちさせるポイントは、洗濯機を設置する場所を室内にすることです。外に置くと紫外線や温度の影響を受けて寿命が短くなります。また、週に1回はフィルターや排水溝の掃除をしましょう。一度に洗濯する量が多くなりすぎないように調整することも大切です。使用後は蓋をあけて洗濯槽のカビを防ぎましょう。
・床面が水平でしっかりしている場所に設置する
運転中に振動するため危険です。
・湿気の多い場所や雨風にさらされる場所には設置しない
感電や火災、故障の原因となります。
・壁や天井からの隙間を十分にあける
・必ずアースを設置する
故障や漏電の際に感電することもあります。
・給水栓継手は自在水栓で使用しない
付属の給水継手は横水栓用で自在水栓で使用すると水漏れの原因となります。万能ホーム水栓やワンタッチ式水栓などには別売の給水栓継手が必要です。
・新しい給水栓継手を使用する
新たに設置する場合に古い給水栓継手を使用すると水漏れすることもあります。新たに設置する場合は新しい水栓継手を使用してください。
・水道栓を開いて水漏れがないかを確認する
給水栓継手のねじが緩んだり給水ホースの接続が悪いと水漏れすることもあります。
・洗濯終了後は水道栓を閉じる
給水栓継手のねじが緩んだり水圧が変わったりすると水漏れすることもあります。
・異物の混入がないようにする
故障の原因になります。
・洗濯ものを入れすぎないようにする
衣類の回転が悪くなり負担がかかります。

 

●アイロン

 

アイロンは本体よりもスチームの目づまりのお手入れが長持ちのポイントです。まず固く絞った布でアイロン底面の汚れを取り除いて綿棒を使い穴を丁寧に掃除し、最後に乾いた布で拭きましょう。
・電源を入れたままその場を離れない
火災の原因になります。
・損傷や水漏れがある場合は使用しない
発火や感電することもあります。
・コードを傷めない
・延長コードは使用しない
・使用時以外はコンセントから抜く
絶縁劣化による感電や漏電火災の原因になります。

 

●食器洗い機

 

・しっかりした水平な場所に設置する
傾いた状態で運転すると正常に動作しません。
・周囲の空間はできるだけあける
本体からの蒸気で結露する原因になります。
・ガスコンロなどの熱源から15cm以上離す
本体の変形や故障の原因となります。
・アースは必ず取り付ける
漏電の際の感電することもあります。
・延長コードは使用しない
・運転中はドアを開けない
・必ず食器洗い機専用洗剤を使用する
手洗用洗剤を使用すると大量の泡が発生し運転が停止したり水漏れや故障の原因となります。

 

●衣類乾燥機

 

・床面が水平でしっかりしている場所に設置する
運転中に振動するため危険です。
・壁や天井からの隙間を十分にあける
・必ずアースを設置する
故障や漏電の際に感電することもあります。
・給水栓継手は自在水栓で使用しない
付属の給水継手は横水栓用で自在水栓で使用すると水漏れの原因となります。万能ホーム水栓やワンタッチ式水栓などには別売の給水栓継手が必要です。
・引火物を近づけない
火災の原因となります。
・しっかり換気する
換気が不十分では乾燥時間が長くなることもあり負担がかかります。
・洗濯のりを使用しない
乾燥フィルターの目詰まりの原因となり負担がかかります。
・油分が含まれる衣類を乾燥しない
火災の原因となります。
・こまめにフィルターを掃除する
フィルターた目詰まりを起こすと乾燥時間が長くなり負担がかかります。
・脱水はしっかりしておく
水分があると乾燥時間が長くなり負担がかかります。
・洗濯ものを入れすぎない
乾燥時間が長くなり負担がかかります。

 

広島で家具の出張買取はハウスドクターにお任せください

記事一覧を見る