1. 出張買取ドクターTOP
  2. ブログ一覧
  3. 貴金属の保管方法
貴金属の保管方法

金やプラチナなどの貴金属は非常に高価なもので、貯蓄や投資として貴金属を購入し自宅に保管している方も多いと思います。

貴金属の保管は小さなジュエリーなどであればよほど高価でなければケースなどに入れて保管し、資産として購入した貴金属の場合であれば盗まれる危険性などを考えて厳重に保管するということも考えられます。
 
●貴金属の保管方法

貴金属を保管する方法は、自宅で保管する方法と外部で保管する方法があります。

自宅で保管する場合は金庫に入れるのが最も安全な方法です。金庫に保管すると保管場所を忘れることがなく、金庫は鍵がかけられるようになっているためセキュリティ面でも安心です。耐火金庫であれば火災にあった際にも貴金属を守ることができます。
ただし、備え付けの金庫でない限り金庫自体を動かすことができるため、金庫ごと盗難に遭う危険性はあります。貴金属を保管する金庫を選ぶ際にはコンパクトなものは避け、できるだけしっかりした作りの大きなものを選びましょう。

外部で保管する場合は貸金庫を利用する方法や保管サービスを利用する方法があります。
銀行の貸金庫はセキュリティ面では最も信頼できる方法で、よほどのことがなければ盗難の心配はなく火災など災害に対する対策も万全です。
ただし貸金庫には使用料がかかるため、長期的に利用すると大きな出費となります。

保管サービスは貴金属を購入した業者が提供しているサービスです。銀行に比べると安全性は高くありませんが、費用は銀行ほどかかりません。
 
●貴金属の劣化を防ぐためには

貴金属は耐腐食性に優れているという特徴があります。
特に金やプラチナは非常に安定しているため、変色やサビといった経年劣化がほとんど起こらないと考えられていが、これらはあくまでも高純度の金やプラチナでの場合です。

インゴットなど資産としての貴金属は非常に高純度ですが、ジュエリーの場合はそうであるとは限りません。
金製品の18金は金の純度が75%であることを表しており、金以外の成分から変色や腐食が発生する可能性があります。
そのため、劣化しないように注意する必要があります。

劣化を防ぐためには、身につけた後にしっかり拭くことが大切です。
身につけると汗や皮脂といったものが付着するため劣化の原因となります。
拭く際にはぬるま湯につけてから柔らかい布で汚れを拭き取ります。金やプラチナは純度が高いほど柔らかいため、強くこすらないように注意が必要です。
ぬるま湯だけで取れない汚れがある場合には中性洗剤を使用します。
保管の際にも汚れに触れないよう、しっかりとケースに入れましょう。
 
●金を高く売るためにはきれいに保存

金は何時の時代も安定した物質として人気があり投資対象の商品でもありますが、保管方法を間違えてしまうと大幅に劣化さ、商品価値を台無しにしてしまうことがあります。
将来的に売却する予定がある場合は、特に丁重に取り扱いましょう。

金を良い状態に保つためには湿気は禁物です。
自宅で保管する場合は金庫の中に乾燥剤を入れて保管しましょう。乾燥している状態ならば劣化させることもなくサビの発生が出ることもありません。
金の保管はとにかく湿気には気を配り、触れる場合には手袋を着用しましょう。
 
●アクセサリーは定期的な清掃を

アクセサリーは使うたびに必ず汗などが付着しますので、使い終わったらアルコールなどで消毒して汗を落とすようにしましょう。
貴金属に対しても塩分は大敵であるため、放置しておくとサビや劣化の原因となります。

金は劣化しにくい物質ですが、ケアを怠ったまま何年も放置すると劣化することもあります。
貴金属のアクセサリーはそのアクセサリーによって金の配合や貴金属の比率なども違いますが、きれいに清掃して保管することでいつまでも商品価値を高いまま保管しておくことができます。
 
●プラチナ・ゴールドの保管

プラチナやゴールドを保管する場合は柔らかいフェルトやティッシュなどで包み、キズつけないように気をつけましょう。
使用後は目に見えなくても汗やホコリで汚れていますので、専用のクロスや柔らかい布でそっと表面を拭きます。
汚れが目立つ場合は洗面器入れたぬるま湯に中性洗剤を数滴溶かして軽く洗います。
宝石によっては水につけてはいけないものもありますので注意が必要です。

紫外線を当てると変色してしまうことがありますので日光を避け、湿気にも弱いので風通しの良い涼しいところで保存してください。
 
●銀・シルバーの保管

シルバー製品はそのまま置いておくと変色するため、ジッパー付きのポリ袋などの入れて変色しないよう外気に触れさせないようにしてしっかりと保管しましょう。

手入れはシルバーダスターや重曹を使用した方法もありますが、簡単な方法は中性洗剤と歯ブラシです。
歯ブラシに中性洗剤を付けて、変色したシルバーアクセサリーをゴシゴシこすりましょう。
変色や汚れがひどい時にはぬるま湯につけながらこするとキレイになりやすくなります。
こすったあとはよく水洗いをしてやわらかい布やティッシュペーパーで水気をふき取り、ジッパー付きのポリ袋に保存しましょう。
 

広島でブランド・貴金属の出張買取はハウスドクターにお任せください

記事一覧を見る