1. 出張買取ドクターTOP
  2. ブログ一覧
  3. メーカーでパソコンを処分する方法
メーカーでパソコンを処分する方法

●メーカーで処分する方法

 

パソコンは製造したパソコンメーカーに依頼すると、処分することができます。

不要になった家庭用パソコンは、平成15年10月1日からパソコンメーカーなどが回収・リサイクルすることになりました。

資源有効利用促進法という法律に基づいて不要になったパソコンの回収・リサイクルは、製造元のメーカーが責任を負うことになったためです。

 

・メーカーの確認

メーカーで処分を依頼する場合はそのメーカーが販売した製品のみになるため、メーカー名・型番(形名)や製造番号の確認が必要です。

本体の裏側や側面に定格銘板と呼ばれるネームタグが貼ってあり、そこに記載されています。

 

・対応機種

メーカーで処分できるパソコンは、そのメーカーで製造した本体と購入時の標準添付品です。
本体:デスクトップパソコン、ノートパソコン、CRTディスプレイ、液晶ディスプレイ、CRT一体型パソコン、液晶ディスプレイ一体型パソコン

標準添付品:マウス、キーボード、スピーカー、ケーブル

メーカーで処分できないものは、本体以外の製品(プリンタ、スキャナー、ワープロ)、取扱説明書、CD-ROMなどです。
本体以外:プリンタ、スキャナー、ワープロ、PDA、サーバ、ゲーム機など
取扱説明書、マニュアル、CDROM、記録メディア

 

・料金

PCリサイクルマーク本体に貼ってあれば無料で、PCリサイクルマークが無い場合は料金が別途必要です。

デスクトップパソコン本体 3,000円(税抜)
ノートパソコン本体 3,000円(税抜)
液晶ディスプレイ・液晶一体型パソコン 3,000円(税抜)
ブラウン管(CRT)ディスプレイ・CRT一体型パソコン 4,000円(税抜)

 

・データ消去

メーカーではデータ消去を行っていません。

多くのメーカーではデータが保存されているハードディスク部分を粉々にしてリサイクルするため、その後の個人情報流出はないとされています。

メーカーでは破壊や漏洩などについて一切の責任を負わないことを了承する必要があります。事前のご自身でのデータ消去を行いましょう。

 

・完了までの目安

PCリサイクルマークがある場合は1週間程度、PCリサイクルマークがない場合は2週間程度必要です。

自作パソコンについては、パソコンメーカーの業界団体、一般社団法人 パソコン3R推進協会が処分を受け付けています。

 

●自治体の回収(小型家電回収BOXなど)

 

小型家電(ノートパソコン、プリンター、スキャナー、周辺機器)を公共施設に設置されている回収BOXに投函するとパソコンを処分できます。

平成25年4月に「使用済小型電子機器等の再資源化の促進に関する法律(小型家電リサイクル法)」が施行され、自治体が中心となった新しいリサイクルの一環です。

自治体によって回収をしていない自治体がある、パソコンが回収対象製品でない場合があるなど対応が異なりますので問い合わせを行いましょう。

 

・対応機種

自治体で処分できるものは回収BOXの投函口に入れることができる小型家電で、大きさは自治体により異なりますが高さ20~30cm程度です。

小型家電:ノートパソコン、タブレット、スマホ、プリンタ、スキャナー、ワープロ、MP3プレーヤー、デジカメ、付属品など

自治体で処分できないものは、回収ボックスに入らないものなどです。

 

・料金

無料

 

・データ消去

法律により適切な管理が義務付けられているため、データ消去は行っています。

しかし、処理前に盗難にあう危険もありますので、個人情報が含まれる製品は個人情報を消去してから回収ボックスに入れましょう。

 

・完了までの目安

当日(設置施設の開館時間によります)

 

●パソコンショップでの買取り

 

中古パソコンを取り扱っているパソコンショップではパソコンの買取を行っています。

しかし、状態の良いパソコンやMacbookのような人気機種ではないと買取値段は期待することはできません。

ソフマップやパソコン工房、PC DEPOTなどパソコンショップでは不要になったパソコンを買取り、もう一度中古パソコンやパソコンパーツとして販売しています。

 

●メーカー直販での下取り

パソコンメーカーではパソコン買い替えの促進策としてパソコンの下取りを行っています。

しかし、状態の良いパソコンやMacbookのような人気機種ではないと買取値段は期待することはできません。

 

●廃棄物処理業者

廃棄物処理業者はパソコンをゴミとして処理や埋め立てること処分できます。

 

・対応機種

デスクトップパソコン、ノートパソコン、CRTディスプレイ、液晶ディスプレイ、CRT一体型パソコン、液晶ディスプレイ一体型パソコン、プリンタ、スキャナー、ワープロなど

 

・料金

廃棄物処理業者と処理内容によって料金は変わり、数千円~数万円となっています。

 

・データ消去

ゴミという扱いをするため、ほとんどの業者はデータ消去は行っていません。

データ消去を行ってくれる業者は処分費用とは別にデータ消去費用が掛かります。

 

・完了までの目安

当日(廃棄物処理業者の営業時間によります)

 

広島でパソコン関連の出張買取はハウスドクターにお任せください

記事一覧を見る