1. 出張買取ドクターTOP
  2. ブログ一覧
  3. テレビの処分方法
テレビの処分方法

家電リサイクル法が施工され、テレビは粗大ごみとして処分することができなくなりました。

携帯用液晶テレビや車載用液晶テレビなどの電池を電源とするテレビ、浴室など建物に組み込むことができるように設計された液晶テレビは対象外になりますが、家庭で使用するテレビのほとんどが家電リサイクル法の対象となっています。

家電リサイクル法では、テレビを処分するときは小売業者など決められた業者への引き渡す必要があります。 
 
●家電を処分する際には「家電リサイクル券が必要 
 
家電リサイクル法では処分の際に料金を支払います。

支払いは家電リサイクル券を使用して行いますが、用紙は店が記入するものと排出者が記入をするものの2種類があります。

店が記入するものは料金販売店回収方式で、この用紙の場合は排出者は料金を支払うだけです。

自分で記載を行うものは料金郵便局振込方式で、この用紙では銀行や郵便局で自分で支払いを行います。 
 
・リサイクル料金+運搬料金が必要

テレビを処分するときは家電リサイクル法に従い、リサイクル料金と運搬料金を支払う必要があります。

家電リサイクル法とは、エアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機などの特定家庭用機器廃棄物から有用な部品や材料などの資源をリサイクルし、廃棄物を減量して使える資源を有効利用しようという法律です。

処分するテレビを資源に再生するための再商品化等料金(リサイクル料金)と、引き取りを依頼する業者にテレビを運んでもらうための収集運搬料金を支払うことが決められています。

テレビのリサイクル料金はメーカー毎に異なり、収集・運搬料金は小売業者ごとに異なります。 
 
・テレビを処分した後もリサイクル券は大切に保管

テレビを処分する際のリサイクル料金の支払いに必要なリサイクル券は、テレビを処分した後も大切に保管しておきましょう。

リサイクル券に記載された番号で処分したテレビがきちんと家電メーカーに引き渡されたかどうかを確認することができます。(家電製品協会のHP) 
 
●テレビの正しい処分方法 
 
①新しいテレビを購入する電器店に引き取ってもらう

テレビを新しく買い替える場合は購入するで電器店に古いテレビを引き取ってもらうことができます。

新しくテレビを購入する場合でも、古いテレビを処分するためのリサイクル料金と運搬量は別途必要です。

自分で手配したり、持ち運ぶ必要がないため大変便利です。リサイクル券は料金販売店回収方式を採用しているため、お店側が記載を行ってくれます。排出者側は料金を支払うだけなのでとても簡単です。

テレビの設置と回収を同時に行ってくれるので便利ですが運搬料金が発生しますので、処分にお金をかけたくない方の場合は適していません。 
 
②処分するテレビを購入した電器店に引き取ってもらう

テレビを新しく買い替えずに処分だけを行う場合は、以前そのテレビを購入した電器店に連絡をして引き取ってもらうことができます。

販売店は排出者に持ち込みや配送の要請ができないため自宅まで引き取りに来てくれ、その際に料金を支払うだけなのでとても簡単です。家電リサイクル券の発行も行ってくれます。

買い替えの時と同様に運搬料金が発生しますので、引き取りのみの場合は買い替え時よりも割高になります。 
 
③市町村に問い合わせる

処分したいテレビを購入した電器店がわからない場合や、引っ越しをしてテレビを購入した電器店が遠方になってしまい引き取りを依頼するのが困難な場合は、市町村に問い合わせると処分方法を教えてもらうことができます。

市町村によって、市が代行で引き取る、引き取りができる小売店や許可業者の紹介をしてくれるなど対応してくれます。

自治体のサービスは職員が運搬を行います。リサイクル券の発行も行いますので、料金を支払うだけです。

自治体では自宅からの運び出しは実施しないため、自分で所定の位置まで運び出す必要があります。 
 
④指定取引場所へ持ち込む(運搬料金がかからない)

郵便局で振込用紙(家電リサイクル券)を使用してリサイクル料金を支払い、全国にある指定取引場所へ自分で直接持ち込むことも可能です。

指定取引場所に自分で直接持ち込む場合は運搬料金はかからないため、リサイクル料金のみとなります。

全国の指定取引場所は、家電製品協会のHPで確認することができます。

自分で持ち込みを行いますので運搬料金がかかりません。リサイクル料金を支払うだけなの処分料金が割安です。

運搬を自分で行う必要があるため手間がかかります。テレビは大きいものなので、自家用車を持っていない方は持ち込みが困難です。 
 
⑤買取専門店などに売却をする

テレビが比較的新しいものや状態がよいものは売却することができます。テレビが動くのであれば、査定に出してみたり相場を直接聞いてみるのもいいでしょう。

不要な物をお金に換えることができるのが最大のメリットです。店に持ち込んで査定・売却を行う方法もありますが、自宅に引き取りに来てくれるサービスもありますので運搬の必要もありません。売却の場合はリサイクル券の記入をする必要がなく、手間がかからないのもメリットです。

テレビの売却ができるものは限られています。状態の悪いものや古すぎるものは買取を行っていません。 
 
⑥インターネットオークションを利用する

リサイクルショップで下取りしてもらうことができなかった場合、インターネットオークションの利用する方法もあります。

テレビの年式や性能に関わらず、オークション内で閲覧されたユーザーが目を引くものであれば、取引が成立することも。

思っていたよりも高値が付いたり意外と需要がある貴重なテレビだったりすることもあるかもしれません。

しかし、確実に処分できる方法ではありませんので注意が必要です。 
 
●処分は認可を受けている業者に依頼する

家電リサイクル法品目の収集を行う業者は、一般廃棄物収集運搬業の認可が必要です。

無料回収を宣伝して無認可で収集を行っている業者もあり、このような業者にお願いすることはさまざまなトラブルの要因となっています。

一般廃棄物収集運搬業の許可を受けていない業者は、処分先が明確でない業者も多いです。

適切な処分方法では家電リサイクル券を発行するため処分先を確認することができますが、無料の場合は家電リサイクル券が発行されないので処分先がわかりません。そのため、無認可業者が山などに不法投棄をしてもわからないのです。

不法投棄を行い適正な処理がされていない家電が火災や環境破壊を引き起こした例もあります。

トラブルは依頼者側にも及び、無料と言っても高額な料金を請求された事例もありますので、無認可業者に依頼をすることは環境にも依頼者にも良いことはありません。 
 

広島でデジタル機器の出張買取はハウスドクターにお任せください

記事一覧を見る